戸田恵子、『アンパンマン』30周年に「感慨もひとしお」

2018年7月2日 00:00

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

日本中に愛と勇気を伝えてきた『それいけ!アンパンマン』シリーズの記念すべき劇場版30作目となる『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』。写真:戸田恵子

日本中に愛と勇気を伝えてきた『それいけ!アンパンマン』シリーズの記念すべき劇場版30作目となる『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』。写真:戸田恵子[写真拡大]

写真の拡大

 日本中に愛と勇気を伝えてきた『それいけ!アンパンマン』シリーズの記念すべき劇場版30作目となる『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』。この映画が全国208スクリーンで6月30日に公開となり、新宿バルト9で行われた初日舞台挨拶にアンパンマンの声を担当する戸田恵子と、ゲスト声優をつとめた杏と児嶋一哉(アンジャッシュ)が登壇した。

 ・『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』初日舞台挨拶、その他の写真

 アンパンマンの声を30年間担当してきた戸田は「もう30年もやってきたんだと思うと感慨もひとしおです。30年もやっていると良いこともあれば悪いこともあります。辛いことや悲しいこともありますが、私にとってアンパンマンはやなせたかし先生そのものです。そんなやなせ先生から『人の喜ぶことをやりなさい。人生は喜ばせごっこだ』と教わりました」とアンパンマンへの思いを吐露。

 「今回のアンパンマンのテーマは『何のために生きるのか』ということを問いかける物語ですが、子どもたちだけでなく、親御さんにもタメになる物語だったのではないかと思います。これからも力の限り頑張っていきたいと思います」と続けた。

 また、映画アンパンマンは小さなお子さんの映画館デビューを応援していることにちなみ、「新たにデビューしたいこと」を尋ねる質問が。戸田の答えは「梅干し作り」、杏は「ミシン」と回答するも、2人は児嶋から「お子さんの見ている舞台挨拶なのに回答が渋い!」と突っ込まれる一面も。だが、その児嶋の答えが「老眼デビュー」というもので、これには2人から「もっと渋い!」と突っ込み返されていた。

【関連記事】

 映画『アンパンマン』シリーズ第30弾のタイトルと公開日が決定!
戸田恵子、多部未華子らの夏祭りの思い出は?『アンパンマン』初日舞台挨拶
故やなせたかしのラストメッセージ!『アンパンマン』シリーズ最新作を今年も公開!
93歳のやなせたかし、七夕の願いごとは「あと2年、生かしてほしい」

関連キーワード声優アンパンマン戸田恵子

「アニメ・マンガ・特撮」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース