日産、「イタルデザイン」「GT-R」50周年で共同開発の限定プロトタイプ公開

2018年6月30日 21:13

小

中

大

印刷

「ニッサンGT-R50 バイ・イタルデザイン」(画像: 日産自動車の発表資料より)

「ニッサンGT-R50 バイ・イタルデザイン」(画像: 日産自動車の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「ニッサンGT-R50 バイ・イタルデザイン」
  • 「ニッサンGT-R50 バイ・イタルデザイン」
  • 「ニッサンGT-R50 バイ・イタルデザイン」
  • 「ニッサンGT-R50 バイ・イタルデザイン」
  • 「ニッサンGT-R50 バイ・イタルデザイン」
  • 「ニッサンGT-R50 バイ・イタルデザイン」

 29日、日産とイタルデザインは両社が共同開発したプロトタイプ、「ニッサンGT-R50 バイ・イタルデザイン」を公開した。このモデルはGT-Rとイタルデザインの50周年を記念するモデルであり、7月に欧州で車両が初公開される予定となっている。

【こちらも】日産、「グランツーリスモ」最速の日産車プレイヤーを日本に招待

 両社の分担としては、イタルデザインは開発、設計、製造を手がけ、内装・外装デザインは、ロンドンの日産デザインヨーロッパと、日産デザインアメリカがそれぞれを担当した。

■サムライブレード装着

 「ニッサンGT-R50 バイ・イタルデザイン」のデザインは、フロントに個性的なゴールドのインナーパネルを採用しており、ボンネットのパワーバルジが、その圧倒的なパフォーマンスを誇示しているかのようだ。また、サイドは、ベース車より54mm低くなったルーフと、フロントフェンダーの「サムライブレード」と呼ばれるエアアウトレットがドショルダーラインまで連続している。

 リアでは、GT-Rの特徴である丸型テールライトが細いリングのようなデザインとなり、そして、大きな可変式リアウイングがそびえたっているが、GT3車両の様な無骨なものではなく洗練されたものに。また、インテリアは2種類のカーボンファイバー、黒のアルカンターラと、黒のイタリア製レザーを採用したモダンなものになっている。

■ 最高出力720psを発生

 「ニッサンGT-R50 バイ・イタルデザイン」は、見た目のデザインだけでなく、GT3での経験を活かして手作業で組み立てられており、GT3用の大容量・大口径のツインターボチャージャーと大型インタークーラーに加え、耐久性の高いクランクシャフト・ピストン・コネクティングロット・ベアリングも採用。さらにカムシャフト、イグニションシステム、吸排気システムも改良した3.8Lのツインターボエンジンは、最高出力720ps、最大トルク780 N・mを発生するとされている。

 そして、ビルシュタイン・ダンプ・トロニックを採用した新しいサスペンションシステムとミシュランのパイロットスーパースポーツタイヤは、エンジンの出力を最大限に生かすためのグリップをもたらしてくれるはずだ。

■市販の可能性は?

 ただし、「このモデルは次期型のGT-Rではなく、日産の技術力と日本のデザイン、そしてイタリアのコーチビルディングを結集して、両社の50周年を刺激的にクリエイティブな形で祝福したもの」と日産のグローバルデザインを担当するアルフォンソ・アルバイサ専務執行役員は述べている。

 台数限定であっても、市販されなるとなれば歓喜するファンも世界中に数多くいるに違いない車両だろう。(記事:田中秀雄・記事一覧を見る

関連キーワード日産自動車GT-R

「自動車・バイク新製品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース