AvastやAVG利用の環境でFirefoxがTLS 1.3を利用できなくなるトラブル

2018年6月29日 23:08

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 セキュリティソフトを導入しているとFirefoxからGoogleのサービスへのアクセスができなくなる、といった問題が報告されている(ghacks.net)。

 問題となっているのはAvastおよびAVGのセキュリティソフト。これらのセキュリティソフトを導入した環境でFirefoxでTLS 1.3を利用しようとすると問題が発生するようだ(MozillaのBugzillaAvastのフォーラム)。

 また、ChromeでもAvastを利用している環境でTLS 1.3接続関連のトラブルが発生することがあるようだ(The Chromium Projectsでの報告)。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ

 関連ストーリー:
Microsoft、Avast使用環境へのWindows 10 バージョン1803の配信を一時停止 2018年05月26日
Mozilla、Firefox 52のデフォルトでTLS 1.3を有効にする計画 2016年10月23日
TLS 1.2の後継規格であるTLS 1.3、大きな仕様変更のためTLS 2.0に名称変更を検討中 2016年09月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleセキュリティChromeFirefoxMozillaAvastAVGChromiumTLS

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース