EV用次世代電池、産官学共同で開発 トヨタやパナソニック、東工大など

2018年6月28日 11:04

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

電気自動車の性能を大きく左右する次世代電池の開発に日本国内の産官学が連携して共同開発に取り組む。

電気自動車の性能を大きく左右する次世代電池の開発に日本国内の産官学が連携して共同開発に取り組む。[写真拡大]

写真の拡大

 電気自動車の開発は、日本国内のみならず海外の様々な国で研究が進められている。そんな電気自動車の心臓部ともいえるのが電池だ。ガソリンを動力として動く従来の自動車とは異なり、電気自動車は電池の中にためた電力で動く。この電池の性能が電気自動車の性能を左右すると言っても過言ではない。そんな電気自動車で利用される電池の開発について、国内の自動車メーカーをはじめ大学の研究機関が共同開発する運びとなった。

【こちらも】リチウムイオン電池のコストは本当に下がるのか?EV過熱でレアメタルにも波及

 この産官学の共同開発は、まさに日本の総力を結集しての開発といえる。この共同開発を主導するのは、新エネルギー・産業技術総合開発機構だ。この団体は、もともとはその名の通り新しいエネルギーの研究開発を推進することをテーマとした団体であり、これまでにも様々な提言を業界に対して行ってきた実績を持っている。今回産官学が連携して共同開発を目指すのが全固体電池という次世代バッテリーである。これまで、長寿命のリチウムイオン電池といえば電気を蓄える仕組みとして可燃性の液体を利用する仕組みだったが、全固体電池とは燃えにくい固体を使うもの。バッテリーとしての蓄電能力を高め、電気自動車で必要な走行距離を伸ばすことが目的だ。

 現在、電気自動車は日本をはじめ様々な国々で研究開発が進められているものの、課題も多く普及には多くの問題点を抱えている。たとえば価格や走行距離などといった点が問題とされているが、こうした電気自動車の抱える様々な課題を解決することができると期待されているのが全固体電池だ。長い走行距離と短い充電時間は全固体電池のもつ大きな特徴とされており、これが実現できれば電気自動車の低価格化にもつながるため、電気自動車そのものの普及にも期待できるという。

 この全固体電池の共同開発に取り組むのはトヨタ自動車<7203>、日産自動車<7201>などの自動車メーカーに加えて、パナソニック<6752>や東レ<3402>などの電池・素材メーカーが名前を連ねている。これに東京工業大学など15の大学・研究機関が加わり、商品の実用化を目指す。中でもトヨタ自動車はこの全固体電池について2020年代前半に商品の実用化を目標としており、電気自動車の普及に向けた国際標準化も視野に入れている。(編集担当:久保田雄城)

■関連記事
自動車の近未来。日本はHV、欧州はPHV、中国がEV。~富士経済予測
トヨタ、悲願のル・マン24時間初制覇、同時にスーパースポーツ公開
ルノー・日産・三菱連合が最高のシナジー効果達成、一方で燃料電池車を断念
自動車部品関連、中小メーカーは好調もEV化で市場不透明
日産、九電など5社協働で、EVで電力需給調整について実証実験開始

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車電気自動車パナソニック日産自動車新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)東レ東京工業大学全固体電池

「研究・開発」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース