IPv6仕様が特殊なフレッツ、NECの新ルーターで「フレッツジョイント」が問題に

2018年6月27日 23:48

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 先日ヤマハやNECのルーターがv6プラスに対応したという話題があった。v6プラスはIPv6接続経由でIPv4対応ホストに接続する技術だが、この機能に対応するNECプラットフォームズの無線LANルーターがINTERNET Watchにてレビューされている。これによると、環境によってはv6プラスの導入に苦労することがあるという。

 記事によると、フレッツ回線で「ひかり電話」を利用している場合はNTT東西の「フレッツジョイント」というサービスによって接続情報が宅内に設置した機器に配信されるという。この設定のため、単純にホームゲートウェイを介して無線LANルーターを接続するだけではIPv4通信が2重にNATされる構成になってしまうそうだ。

 この記事の著者は色々試したが、結局IPv4パケットをIPv6パケットにカプセル化して送信するMAP-Eを無線LANルータで利用することはできず、v6プラスの利用を諦めたという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | インターネット | IT

 関連ストーリー:
ヤマハやNECのルーターがv6プラスに対応 2018年06月06日
JPNE、IPv4 over IPv6のサービス開始 2013年04月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNECNTT

「PC・ハードウェア・周辺機器」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース