OpenBSD、Intel CPUのハイパースレッディングを無効化 セキュリティ確保で

2018年6月26日 15:01

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 OpenBSDがamd64アーキテクチャにおいてIntelプロセッサのHyper-Threading機能をデフォルトで無効にしたそうだ(マイナビBleeping ComputerSlashdot)。

 この変更は6月19日のコミットで行われたもの。CPUの投機的実行機能にまつわる脆弱性問題に対応するためにデフォルトでハイパースレッディング機能を無効にすると説明している。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | BSD

 関連ストーリー:
OpenSSL、ライセンス変更に向けて貢献者の合意を求める 2017年03月26日
OpenBSD 20周年、5.8 リリース、sudoに代わる「doas」コマンドやpledgeセキュリティシステム導入 2015年10月22日
Microsoft、OpenBSDを支援へ 2015年07月14日
OpenBSD、予測不可能なrand関数を実装(ただしPOSIX違反) 2014年12月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード脆弱性セキュリティIntel

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース