NEC、新事業開発を加速の「NEC X」をシリコンバレーに設立

2018年6月24日 20:42

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

NECは20日、新事業開発を加速する新会社「NEC X」をシリコンバレーの中心地、米カリフォルニア州サンタクララで7月に設立することを発表した(プレスリリース英語版プレスリリース)。

NECはこれまで、世界の研究拠点で開発したさまざまな技術を主に社内での製品開発や事業化に利用してきた。NEC Xではシリコンバレーのスタートアップやベンチャーキャピタルの参画を促し、NECの技術や新事業アイディアを積極的に提供する「アウトバウンド型」の事業を推進するという。

NEC Xは手始めとして、シリコンバレー有数のインキュベーター/アクセラレーターであるシンギュラリティ大学と協力。2019年の早い時期に最初のスタートアップを立ち上げるべく、7月に「NECアクセラレータープログラム」を開始するとのことだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | IT

 関連ストーリー:
NECの「ハードウェアの技術者をソフトウェアからの配置転換で乗り切ろうとした」話が話題に 2018年05月18日
NEC、新型ベクトル型コンピュータ「SX-Aurora TSUBASA」を発表 2017年10月27日
NECががん治療薬開発に参入 2016年12月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードスタートアップNEC

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース