クランクとギヤの間にシリコーンゴム入れペダリングをアシストする技術が販売

2018年6月21日 09:05

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

nemui4曰く、 自転車のフロントギヤ内にシリコーンゴムを入れることで、動力をアシストするというシステムが販売されている(オリンピックの紹介ページ)。

 ペダルクランクが上下になったときに力をうまく伝えられないデッドゾーンとなるのを防ぐシリコンボールが入ってるだけなのに、坂を登るのもかなりスムースになるらしい。

 これいいな。

 クランクとペダルの間にシリコーンを入れ、踏み込んだ際にシリコーンを圧縮することで、たとえばペダルが下死点の位置に来たり、ペダルへの踏み込みが弱くなったときにシリコーンの復元力により動力が生まれるという仕組み。利用者からは一般的なギヤとの違いが体感でき、漕ぎ出しが軽い、疲労感が少ないといった声が出ているようだ。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | 交通

 関連ストーリー:
自転車を簡単に電動アシスト化するコンバージョンキット 2016年07月21日
シマノ、自転車ロードレース向けの電動自動変速システムを発表 2016年07月01日
オートマとアクティブサス(但しチャリンコ用) 2001年08月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「テクノロジー・サイエンスの話題」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース