日経平均テクニカル:続落、25日線割れで急速に形状悪化

2018年6月19日 18:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:15JST 日経平均テクニカル:続落、25日線割れで急速に形状悪化
19日の日経平均は、続落。5日線の下降角度が一段ときつくなったほか、ローソク足は陰の丸坊主となり、終値は25日線を大幅に下回った。TOPIXでは5日線と25日の短期デッドクロスが完成したことに加え、75日線がわずかに下向きとなっており、チャートの形状は急速に悪化した。一目均衡表では、日々線が基準線と雲上限を踏み抜いて取引を終え、強気局面の終了を確認する形となった。遅行線は株価を下回って弱気シグナルを発している。一方、ボリンジャーバンドでは、日々線が-1σを割り込んで売り方優位を示唆する格好となっており、手がけにくさが意識されやすい。《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
 

広告

ピックアップ 注目ニュース