米朝首脳会談のプレスキットにUSB扇風機 騒動に

2018年6月16日 19:08

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、 シンガポール・セントーサ島で開催された米朝首脳会談のプレスキットにUSB扇風機が入っていたことで、陰謀論が持ち上がる騒ぎになったそうだ(MashableBetaNews)。

 プレスキットには資料のほかにドナルド・トランプ大統領とキム・ジョンウン委員長の顔が印刷された穴あきうちわや、同じく2人の顔がラベルに印刷されたペットボトル入りの水、セントーサ島のガイドブックに加え、USB扇風機が入っていたという(袋には「Mini USB Fan」と印刷されているが、別の写真ではLightning端子にも見える)。

 しかし、USB扇風機は中がどうなっているのかわからないことから、マルウェア感染の可能性が指摘され、使わないよう呼びかけが行われる騒ぎとなった。確実なセキュリティリスクだとの指摘も出ているが、実際に中身が確認されたわけではないようで、単なる扇風機の可能性もある。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ

 関連ストーリー:
元NSAハッカーが開発したEvil Maid攻撃対策ツール「Do Not Disturb」 2018年05月03日
サイバーセキュリティクイズの商品として提供されたUSBメモリからマルウェアが見つかる 2018年01月13日
電子タバコの充電でマルウェアに感染 2014年11月27日
OS XからUSB経由でiOSデバイスを攻撃するマルウェアが発見される 2014年11月08日
電車内に置き忘れていたUSBメモリ、その6割以上がマルウェアに感染 2011年12月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードマルウェアセキュリティドナルド・トランプ

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース