【株式市場】日銀の金融政策会合を受け金融株は重いが日経平均は堅調で反発

2018年6月15日 15:47

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

◆日経平均の終値は2万2851円75銭(113円14銭高)、TOPIXは1789.04ポイント(5.15ポイント高)、出来高概算(東証1部)は16億8394万株

 15日後場の東京株式市場は、正午頃に日銀の金融政策決定会合(14~15日)の結果が伝えられ、マイナス金利を含めて異次元の緩和を継続とされたため、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>(東1)などの大手銀行株が取引開始後一段軟化。前引けにかけて持ち直していた第一生命ホールディングス<8750>(東1)も再び下げた。半面、トヨタ自動車<7203>(東1)や村田製作所<6981>(東1)は一段ジリ高傾向。日経平均は 14時過ぎに前場の高値(147円23銭高の2万2885円84銭)に迫り、前日比で反発した。東証2部指数は安いがマザーズ指数、日経JASDAQ平均は高い。

 後場は、アートスパークホールディングス<3663>(東2)が一段高となり、15日発売の「四季報」(東洋経済新報社)で前号より高評価との見方が。エヌ・ピー・シー<6255>(東マ)はソフトバンクグループ<9984>(東1)がインドで太陽光発電事業に巨額投資の方針とのNHK報道などを材料に13時頃からストップ高。ジャストプランニング<4287>(JQS)は株式3分割などが好感されて大幅高。

 東証1部の出来高概算は16億8394万株(前引けは7億250万株)。売買代金は3億791億円(同1兆1504億円)。1部上場2089銘柄のうち、値上がり銘柄数は768(同885)銘柄、値下がり銘柄数は1254(同1086銘柄)。また、東証33業種別指数は20業種(前引けは21業種)が値上がりし、値上がり率上位は、石油・石炭、医薬品、鉱業、不動産、精密機器、陸運、その他製品、海運、輸送用機器、情報・通信、電気機器、などとなった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)
【材料でみる株価】イオレは団体活動を支援するデータカンパニー(2018/02/19)
【業績でみる株価】夢真ホールディングスは17年9月期1Q大幅増収増益、通期予想に上振れ余地(2018/02/13)
【株式評論家の視点】スペースシャワーネットワークは第3四半期業績が年計画を上回り好調、下値圏に届き下げ渋る(2018/02/07)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース