ステラケミファ 続伸で一時年初来高値更新、計画保守的として国内証券が2段階格上げ

2018年6月15日 14:47

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:47JST ステラケミファ---続伸で一時年初来高値更新、計画保守的として国内証券が2段階格上げ
ステラケミファ<4109>は続伸で一時年初来高値を更新している。東海東京証券では投資判断を「アンダーパフォーム」から「アウトパフォーム」に2段階格上げ、目標株価も2090円から4380円に引き上げている。原料価格が一定の落ち着きを見せていること、価格転嫁が今期進展すること、引き続き半導体向け需要が好調であることから、利益計画は保守的と判断している。今期営業利益は会社計画の26億円に対して、前期比69%増の40億円を予想しているもよう。《HH》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「vibes.」のイメージ。(画像: Reviveの発表資料より)
  • 夏ぶたチーズ4。(画像:日本ピザハット発表資料より)
  • ロッテリア クラシック チリミート。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • 渋谷パルコのイメージ(竹中工務店提供、パルコ発表資料より)
  • プロキシマケンタウリを周回するプロキシマケンタウリbのイメージ図。(c) ESO/M. Kornmesser
  • 黄金チーズと贅沢4種ハムのピザ。(画像:フォーシーズ発表資料より)
  • 「マツダ ロードスター RF」(画像: マツダの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース