パシフィックネットが一時ストップ高、事業構造の転換に再び注目が集まる

2018年6月15日 13:43

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■「LCMサービス」拡大し5月期の業績はV字急回復の見込み

 パシフィックネット<3021>(東1)は15日、一時ストップ高の959円(150円高)まで上げ、後場も13時にかけて14%高の920円(111円高)前後で推移している。会社発表の注目材料としては、14日付で発表した完全子会社2Bの吸収合併が挙げられているほか、2018年5月期の業績に期待する動きが強まったとの見方が出ている。

 18年5月期の業績はV字型に急回復する見込みだ。同社では、17年から事業構造の変革を進めており、創業事業である中古パソコン流通事業に対し、オフィスのIT機器を新品で導入から保守管理、入れ替え時のデータ消去・回収までワンストップで支援する「LCM(ライフサイクルマネジメント)サービス」に取り組んでいる。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【業績でみる株価】FCMは18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性(2018/02/20)
【株式評論家の視点】日本システム技術は第3四半期営業黒字転換、昨年9月の下値圏に届き値ごろ感(2018/02/08)
カチタスはニトリの家具・インテリア付き中古住宅の販売に期待感、2600円どころが下値圏(2018/02/13)
【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース