北朝鮮との融和関連株が軒並み急伸、伏木海陸運送や兵機海運など連日活況

2018年6月15日 10:58

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■Jトラストは韓国で金融事業を展開することも注目され戻り高値

 伏木海陸運送<9361>(東2)は15日、2日続けて大幅高となり、10時を過ぎて11%高の1699円(166円高)まで上げて2016年以来の高値に進んでいる。富山県の港湾を中心に運輸倉庫事業などを展開。北朝鮮に対する経済制裁の緩和や、さらに踏み込んで経済開発支援に発展する可能性などが材料視されている。

 日本の安倍首相と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長とのトップ会談の可能性が出てきたことも思惑買いを誘発しているようだ。兵機海運<9362>(東2)は北朝鮮を取り巻く地域への航路で.実績があるとされ、朝方に15%高の2747円(349円高)まで上げて2008年以来の高値に進んだ。リンコーコーポレーション<9355>(東2)は新潟港などで港湾輸送などを展開し、14日に14%高と急伸したためか2076円(89円安)前後で推移し一服商状だが、5月末の水準からは14%高となっている。

 また、Jトラスト<8508>(東2)は7%高の985円(63円高)と戻り高値を更新している。韓国で金融事業を展開することに着目して注目する様子もあるようだ。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【業績でみる株価】FCMは18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性(2018/02/20)
【株式評論家の視点】日本システム技術は第3四半期営業黒字転換、昨年9月の下値圏に届き値ごろ感(2018/02/08)
カチタスはニトリの家具・インテリア付き中古住宅の販売に期待感、2600円どころが下値圏(2018/02/13)
【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース