富士通の子供向けPC、貧弱なスペックが話題に

2018年6月14日 21:02

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 富士通が子供をターゲットにしたノートPC「LIFEBOOK LHシリーズ」2機種を発表した

 壊れにくい設計や子供向けマニュアル、専用ケースの付属などが特徴。価格はタッチ対応モデルが9万円強、非対応モデルが7万円強とのこと。

 ただしスペックとしては貧弱で、CPUはCeleron 3865U(2コア、1.8GHz)、メモリは4GB、ストレージは128GB SSDで、ディスプレイは14インチ(1366×768ドット)。重量はタッチパネル非対応モデルが約1.75kg、対応モデルが約1.93kg。

 ただ、子供向けだからといって貧弱で拡張性にも劣るスペックのPCでよいのかという議論や、またDELLやLenovoといった他社の同クラスのノートPCは3~5万円ほどで購入可能であるため、コストパフォーマンスが悪いという声も出ている(市況かぶ全力2階建はてなブックマーク)。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | モバイル | ノートPC

 関連ストーリー:
Raspberry Pi 財団、子供向け小型超低価格コンピュータの製造を開始 2012年01月13日
子供に初めて与えるPCは何が適切? 2008年11月29日
MITメディアラボから途上国の子供向け100ドルノートPC 2005年09月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード富士通LenovoSSDDELL

「PC・ハードウェア・周辺機器」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース