電気飛行機「eFusion」、試験飛行中に墜落 操縦士が死亡

2018年6月14日 21:06

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 独SiemensとハンガリーMagnus Aircraftが共同で開発していた電気飛行機「eFusion」が試験飛行中に墜落、操縦士2名が死亡したと報じられている(AFPAutoblogIEEE Spectrum)。

 eFusionはSiemensのモーターや駆動系を搭載、電力源にはリチウムイオン電池を採用しているという。また、事故時には機体から火が出ていたという話もあるようだ。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | 電力 | 交通

 関連ストーリー:
イーロン・マスクの次の目標は超音速電気飛行機 2016年02月13日
近年注目を浴びつつある「電気飛行機」、ただし実用化にはまだ遠い 2011年07月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードドイツハンガリーリチウムイオン電池

「研究・開発」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース