曙ブレーキ、新構造の自動車用ディスクブレーキを開発

2018年6月14日 21:25

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 曙ブレーキ工業が新構造の自動車用ブレーキキャリパーを開発したと発表した日経新聞)。

 素材にアルミを採用し最大30%の軽量化を実現。また、ブレーキパッドの偏摩耗も従来製品の5分の1程度に提言したという。本格的な生産は2019年からになるようだ。

 スラドのコメントを読む | 交通

 関連ストーリー:
京都市バスの運転手、ブレーキ時に異音が鳴る車両の運転停止を求め京都市を提訴 2016年09月26日
曙ブレーキが摩擦を使わないブレーキを開発、実用化目指す 2016年08月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース