東京為替:ドル・円は底堅い、日銀会合を意識も

2018年6月14日 14:16

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:16JST 東京為替:ドル・円は底堅い、日銀会合を意識も

 14日午後の東京市場で、ドル・円は110円20銭付近で推移。日経平均株価は前日比100円超安の軟調地合いが続き、ドル・円は円買いムードで下げやすいものの底堅い値動き。日銀は今日と明日開催の金融政策決定会合で緩和的な政策を継続するとみられ、それを見込んだ円売りがある程度サポートしているもよう。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円09銭から110円38銭。ユーロ・円は129円91銭から130円17銭、ユーロ・ドルは1.1789ドルから1.1811ドルで推移。《KK》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • かねさ減塩味噌仕立ての焼おにぎり。(画像:ローソン発表資料より)
  • スズキ「アルト ラパン X」(画像: スズキの発表資料より)
  • 和民などに導入される竹素材を使ったストロー(写真:和民の発表資料より)
  • 「Atmoph Window 2」(画像: アトモフ株式会社の発表資料より)
  • 「19design」のトップページ。(画像:オラクル構想準備室発表資料より)
  • (c) 水木プロダクション 作画:一智和智
  • 「A110S」(画像: アルピーヌの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース