東京為替:ドル・円は110円30銭近辺で推移し、下げ渋る状態が続く

2018年6月14日 10:52

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:52JST 東京為替:ドル・円は110円30銭近辺で推移し、下げ渋る状態が続く
14日午前の東京市場でドル・円は110円30銭近辺で推移。日経平均株価は90円安で推移しているが、米金利見通し引き上げの影響は残されており、ドルは110円台前半で渋る状態が続いている。110円以下には押し目買いの興味が依然として残されている。ここまでのドル・円の取引レンジは110円09銭から110円38銭。
・ユーロ・円は、129円91銭から130円16銭で推移
・ユーロ・ドルは、1.1789ドルから1.1805ドルで推移

■今後のポイント
・110円以下で個人勢などのドル買い興味
・1ドル=111−112円台で輸出企業などのドル売り予約増加の可能性

・NY原油先物(時間外取引):高値66.70ドル 安値66.53ドル 直近値66.59ドル《MK》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース