ネオンサイン、2018-19年秋冬コレクション発表

2018年6月13日 20:39

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ネオンサイン(NEON SIGN)は、2018-19年秋冬メンズコレクションを発表した。

■“今”を反映したリアルなワードローブ

 ブランドコンセプトである“布芸の追求”を掲げながらも、デザイナーの今の気分やリアルなワードローブを反映した今シーズン。既存の枠にとらわれない自由なパターンメイキングで、多様なレイヤードスタイルを提案。ワークウェアやスポーツテイストの要素も取り入れ、今までのシーズンよりもカジュアルなムードの強いウェアを揃えた。

■裾で繋ぎ合わせた“2枚”の1着を使ったレイヤードスタイル

 象徴的なのは、裾で繋ぎ合わせ、2枚の服を1着に仕立てたシャツやブルゾン。2枚が繋がっている裾の部分が折り返しで空気を含み、抜け感のあるユニークなシルエットを描く。

 そのまま2枚重ねて着る他、2枚の間に別のウェアを挟んでレイヤードスタイルを作ることもできる。袖にボリュームを持たせたコーチジャケットは、フリースとのコンビネーション。2枚の間にショート丈のイエローのパーカーを挟んで着ると、抜き襟でジャケットを羽織っているかのようなラフさと、身体と重なり合う布地の流れのスムーズさで、絶妙なバランス感の着こなしが完成。レイヤードの厚みや重みを感じさせない、ナチュラルでクリーンなスタイルに仕上がっている。

 2枚をつなげたMA-1ジャケットは、内側に着るオレンジのライナーを腰に巻き付け、無造作な感じを演出。プレッピーなベストや、サイドにラインをあしらったスポーティーなスウェットパンツと合わせることで、様々なテイストをミックス。斬新ながらも親しみやすい、表情豊かなコーディネートとなっている。

■明るく鮮やかなカラーパレット

 鮮やかでポップなカラーパレットにも注目したい。ライトブルー、ネオンイエロー、オレンジ、レッドなど、はっきりとした、温かみのある色彩が並ぶ。深みのあるブルーのフェイクムートンコートは、温かみのある柔和な表情が魅力。ハリ感、光沢感のあるジャージや、フロントにロゴをプリントしたシャツを組み合わせ、活動的な雰囲気を演出する。

■英国の雰囲気を纏って

 また、レッドのカーディガン、パンツに組み合わせたチェックプリントのシャツや、ネオンイエローのポリエステルのシャツに合わせて履いたチェック地のパンツ、グレーのオーバーコートなど、英国の空気感を思わせるオーセンティックなアイテムも散見された。オーバーコートは袖と裾に分量をとった、Aラインのシルエット。スモーキーなグリーンのパンツやイエローのスニーカー、ライトブルーのシャツとコーディネートすることで、シックな雰囲気の中に軽やかさをもたらし、リアリティーを持ち込んでいる。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードスニーカー2018年秋冬コレクション

「ファッション」の写真ニュース

ライフの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース