マイケル・コース コレクション、2018年フォールコレクション発表

2018年6月13日 20:42

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 マイケル・コース コレクション(Michael Kors Collection)は、2018-19年秋冬コレクションをアメリカ・ニューヨークにて発表した。

■多彩なムードのスタイルをミックス

 今季は、スポーティー、エレガント、フェミニン、マニッシュなど、様々なムードのスタイリングをオープンなマインドでミックス。ピースの1つ1つが、個性とともに存在感を放ち、自由な発想で着こなしを楽しむことができる。

■大胆な色柄の組み合わせで自由な表現を

 鮮やかな花柄、ドット、イギリスのイラストレーターであるデイビット・ダウントンとコラボレーションした水彩画のようなタッチのプリントなど、多彩な柄がコレクションを彩る。中でも特にアイキャッチなのは、大胆なタータンチェックのルック。オーセンティックな赤のタータンチェックのコートに、チェックのストールやバッグで統一したルックには、同系色のフラワープリントドレスを合わせて華やかに。切り込みのような袖から腕を通した斬新なパターンや、組み合わせたレオパード柄のブーツが奔放な印象をもたらす。

 また、タータンチェックのパンツにマスタードのソフトなセーターを組み合わせるとパンクな雰囲気のスタイリングが完成。構成するアイテムはシンプルだが、組み合わせて着ることによってエネルギッシュさを増す。

■テイストのミックス

 スポーツテイストのアイテムをラグジュアリーに見せるコーディネートも、今シーズンで注目したいポイント。厚地のリュクスな素材で仕立てたキャメルのコートから見えるのは、ホワイトのラインを施したレッドのスウェットのセットアップだ。足元にはファーのスライダーを合わせリラックスムードを描くものの、ボリュームのあるレオパードのストールとコートが優雅さを演出。気品あふれるスポーツスタイルを構築している。

 フロントに大胆なロゴをあしらったスウェットシャツはメンズ、ウィメンズともに登場したアイテム。ファージャケットやスパンコールのパンツに組み合わせて意外性のあるスタイリングを楽しんだり、サルエルデニムにマフラーを巻いた、シンプルなモード感を作り出したりと、幅広い表情を見せる。

■異素材組み合わせで見せる新たなエレガンス

 優美なドレープを描く花柄スカートやセットアップも、中綿入りのショールジャケットやレザーのレースアップブーツなど、活動的な印象や無骨さを持った異素材のアイテムとコーディネートすることで、王道のエレガンスとは異なる新しい表情に。ビーズやスパンコールの装飾をあしらい、可憐に仕上げたグレーのアーガイルセーターには、ゴージャスな光沢感のジャカードスカートをセレクト。カジュアル、フェミニン、ゴージャスをハイブリッドさせたスタイリングを提示した。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーションニューヨークマイケル・コース(MICHAEL KORS)2018年秋冬コレクション

「ファッション」の写真ニュース

ライフの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース