ボッテガ・ヴェネタ、2019年リゾートコレクション発表

2018年6月13日 13:54

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)の2019年リゾートコレクションが発表された。

■3つのミニコレクション一つ一つ異なるキーワードで

 今季、トーマス・マイヤー率いるボッテガ・ヴェネタは、新たな試みにチャレンジ。ショップ到着時に“いま欲しいもの”を届けるため、コレクションを3つのセクションに分け、それぞれ展開時期をずらした。各グループはミニコレクションのような機能を果たし、それぞれ別のキャラクターを持っている。

■秋色ジュエルカラーで彩る

 11月展開のファーストグループは、2018年秋冬ランウェイショーの流れを汲んだピース。寒い冬を楽しく過ごせるよう陽気な雰囲気に仕上げた。カラーパレットは、深みのあるオレンジやマリーゴールドイエロー、バカラローズといったリッチな色彩で。アウターはカラフルなレザーコートや大きなトグルのついたダッフルコートなど、スポーティなモデルを用意した。スカートルックが主流で、膝丈スカートにスリムなハイヒールブーツをコーディネートしたフレッシュさを纏ったルックが気分だ。

■氷パステルカラーで寒い冬を乗り越えて

 宝石のような色彩から一変、氷のように冷たいトーンで仕上げたセカンドグループ。涼し気なパステルカラーに染まったウェアには「1年で最も短い日々だからこそ明るい色彩を提案したい」というトーマスの願いが込められている。素材は越冬のために、贅沢で厚手のものを。密度の高いボイルド・カシミヤやシュタイフ社のテディベア・ファーが、ダッフルコートやロングコート、ジャケットなどに取り入れられている。レイヤードしたニットトップスにもハートマークを配すなど、思わず微笑んでしまう遊び心がふんだんだ。

■全てのパターンは「ドット」で作られている

 ラストグループは、春のランウェイへの架け橋となるホープフルなムード。千鳥格子や幾何学模様など様々なパターンが溢れているように見えるが、蓋を開ければ全部同じ。すべて小さなドット柄で構成されているというウィットに富んだラインナップなのだ。スカートはプリーツを配したり、フレアなシルエットに整えて、ロマンティックな雰囲気に。ジャケットやクルーネックセーターと合わせたパンツは、ショート丈で軽快な印象をもたらしている。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)

「ファッション」の写真ニュース

ライフの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース