ハザマ、18年秋冬コレクション発表

2018年6月12日 12:53

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ハザマ(ha | za | ma)は、2018-19年秋冬コレクションを発表。ランウェイショー形式での発表は今回が初となる。

■悪くない悪夢

 ランウェイの中央にはピンクの光を放つスカルのネオンが置かれ、毒っぽくもポップなムードが広がっている。テーマは「“NOT BAD NIGHTMARE”=悪くない悪夢」。“悪夢を見たけど、とても良かった”と言える潔さや、相反する2つの概念が1つになった時の強さが、デザイナーの松井諒祐の頭の中にあったと言う。ダークなモチーフをポップに、ポップなモチーフをダークに表現し、コレクションピースに落とし込んだ。

■『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』からインスパイア

 ショーのファーストルックを飾るのは、映画『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』の主人公・ジャックを彷彿とさせる、ブラウスに蝶ネクタイを合わせたスタイル。ブラックのスカートには白のフリルを横断させ、ゆったりとしたシルエットのジャケットが揺れ動く。夢の中へと導く案内役であるかのように、浮遊感を纏いながら歩を進めていく。

■大人のセーラー服もダークに

 ハザマのアイコニックなアイテムである“大人に向けたセーラー服”もダークな仕様に。浮かび上がるカラフルなおばけの風船は、よく見るとどれもチャーミングに微笑んでいる。蜘蛛の巣のように赤いフリルを張り巡らせたドレス、棺や蜘蛛の巣などのモチーフを幾何学的な模様の中に織り込んだジャカード地のジャケットなど、“かわいらしさ”と“不気味さ”を行き来するかのようなピースが揃う。

■チェックツイードのガウンなど

 温かみのあるチェックツイードガウンには、光沢感のある○×プリントパジャマシャツとパンツを組み合わせ、眠りに入る時のようなリラックスしたスタイリングを提示。トランプ柄のモノトーンニットとスカートのシックなコーディネートには、ポンポンのついた帽子をかぶせてプレイフルな印象を生み出している。

■オーバーシルエットや優雅なドレープ

 布地の分量をとり、オーバーシルエットに仕立てたウェアが散見された。格子柄のロゴニットや、水彩画のようなタッチのセットアップなどが、緩やかに身体を包み込んでいく。プリントワンピースは、ギャザーをたっぷりと寄せ、ベルトでウエストマークすることでゴージャスなボリューム感としなやかなドレープを創出。チェックプリントのワンピースは、リボンとギャザーで複雑に布を重ね合わせ、モードでランダムなフォルムが目を惹いた。

■“手”につかまれるヒール

 足元を飾ったのは、ヒール部分が“手”のモチーフになっているパンプス。青、赤、水色と、毒々しいカラーリングで表現された“手”につかまれるヒールは、ハザマのオリジナル。商品として、展開される予定だ。

■浅利琳太郎やるうこなど親しみやすいモデルを起用

 モデルには、浅利琳太郎をはじめ、るうこ、ゆるめるモ!のあの、アリスムカイデなど、インフルエンサーやアイドルも含めた面々を起用。身長や雰囲気も多様なモデル達からは、SNSの世界を通して見る時のような親しみを覚える。今回が初のランウェイショー形式での発表となったが、デザイナーの松井は「インスタレーション形式での発表にも興味があります。」と今後への意欲を見せた。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードナイトメアー・ビフォア・クリスマス2018年秋冬コレクション

「ファッション」の写真ニュース

ライフの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース