夫婦円満の秘訣、榮倉奈々は「会話」 安田顕は「おこづかい」

2018年6月12日 09:20

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

6月8日に初日を迎えた映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。写真:安田顕と榮倉奈々

6月8日に初日を迎えた映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。写真:安田顕と榮倉奈々[写真拡大]

写真の拡大

 6月8日に初日を迎えた映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』の公開記念舞台挨拶が6月9日に角川シネマ新宿で行われ、W主演をつとめた榮倉奈々と安田顕をはじめ、大谷亮平、野々すみ花、李闘士男監督が登壇した。

 ・『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』公開記念舞台挨拶、その他の写真

 「Yahoo!知恵袋」伝説の投稿から始まったコミックエッセイを映画化した本作は、結婚して3年、平和な日々を過ごしていたある日、じゅん(安田顕)が会社から家に帰ると、妻のちえ(榮倉奈々)が死んでいた(死んだふりをしていた)ところから展開。次第に死んだふりがエスカレートしていくというストーリー。

 榮倉は「どの映画でも公開を迎えるのはとても嬉しく、晴れ晴れとした気持ちになるんですけど、この映画に関しては本当に本当に嬉しいです」と挨拶。「安田さんと一緒にいろいろと宣伝させていただいたんですけど、やっと安田さんと距離が近づいてきたかなと思ったら、もう終わりです」と続けると、安田も「すごく打ち解けたかなと思うんですけど、今日で終わりかな。なんとも寂しい」としみじみ。

 2人は榮倉がヒロインを演じたNHK連続テレビ小説『瞳』(08年)などで共演。榮倉は「周期的には5年に1度くらい、オリンピックくらいの感じで会えているんですけど」と述べると、安田も「じゃあ、次は(自分が)50代と(榮倉が)30半ばか? どんな役があるかな?」と空想をめぐらすも、榮倉は「でも、その時はまたゼロの関係性に戻って」とその空想を一蹴し、笑いを誘った。

 また、映画のキャッチコピー「”死んだふり“が夫婦を救う!?」にちなみ「○○が夫婦を救う!?」の「○○」に入る言葉を登壇者1人ひとりがフリップに書いて発表する催しも。李監督が書いたのは「難苦」、最近結婚したばかりの野々は「ありがとうございました」、大谷が「飲食」と掲げる中、安田が記したのは「おこづかい」。「私はお財布にお金があれば、あるだけ使っちゃうんです。でも、お金って夫婦間でも大事じゃない。だから、管理してもらって、おこづかい制にしてもらう方が私はいいと思うんですよ」と説明すると、独身の大谷にも「結婚したらおこづかい制にしてもらいなさい」とアドバイス!

 榮倉は「会話」を挙げ、「日々の会話を積み重ねていればいいんじゃないかな、と。わかり合う、伝え合うことが大事だと思います」と話していた。

【関連記事】

 榮倉奈々と安田顕、2人が撮影中に仲良くなれなかった理由とは?
[動画]『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』予告編
榮倉奈々、自らワニに頭突っ込む!『妻ふり』体を張ったメイキング映像
[動画]『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』6秒ぶっとび予告×6種類

関連キーワード結婚榮倉奈々安田顕家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

「芸能」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース