『ウォーキング・デッド』がまさかの大幅ダウン! 番狂わせのランキング

2018年6月12日 09:22

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

いよいよ2018年も上半期が終了。写真:『正義のセ』 (C)NTV

いよいよ2018年も上半期が終了。写真:『正義のセ』 (C)NTV [写真拡大]

写真の拡大

 いよいよ2018年も上半期が終了。これから本格的に下半期へと突入する前に、まずは5月の月間ランキングをおさらいし、現在の注目作品をピックアップしていきたい。

 ・最終話まで首位をキープできるか!? 地上波ドラマとは規模が違う『ミス・シャーロック』が人気

 まずは先月のトップだった『ウォーキング・デッド』が、まさかの10位にまでランクダウン。その一方で、絶対王者を押しのけて大きく順位を伸ばしたのは、5月の週間ランキングでも絶好調のHuluオリジナルドラマ『ミス・シャーロック/Miss Sherlock』。

 そんななか、ムビコレが取り上げるのは2ヵ月連続で5位の『正義のセ』。何かと正義が求められている時代だけに、タイムリーな作品ともいえるが、主演は吉高由里子、原作は阿川佐和子の小説となっている。主人公の竹村凜々子は、横浜地検で働く新米検事。小さい頃からまっすぐすぎる性格が災いし、仕事でも恋愛でもいろんなものにぶつかってきた。本作では、そんな何にでも一生懸命な凜々子が、不器用ながらも検事として女性として成長していく姿が描かれている。

 仕事だけではなく、恋にも悩む等身大の姿は、まさに働く女性にとっては共感必至のドラマといえるだろう。いよいよ来週で最終回を迎えるだけに、見逃し配信も含め、これからどこまで視聴数を伸ばせるのか。正義の力がどこまで視聴者の心をとらえることができるのかに期待したいところだ。

 そのほか、ランキングの傾向としては、『崖っぷちホテル!』や『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』をはじめとした地上波のドラマも終盤に向けて健闘している一方、『名探偵コナン』や『銀魂』といったアニメ作品も好調。6月はドラマが次々と最終回を迎える時期だけに、来月のランキングには順位の変動が予想される。ラストスパートでさらに上位へと食い込む作品はどれになるのかに注目だ。(文:志村昌美/ライター)

 【Hulu 5月の月間ランキング/TVシリーズ】
1位『ミス・シャーロック/Miss Sherlock』
2位『名探偵コナン』
3位『崖っぷちホテル!』
4位『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』
5位『正義のセ』
6位『徳井と後藤と芳しの指原が今夜くらべてみました』
7位『銀魂』
8位『東京喰種 トーキョーグール:re』
9位『七つの大罪 戒めの復活』
10位『ウォーキング・デッド』

【関連記事】

 最終話まで首位をキープできるか!? 地上波ドラマとは規模が違う『ミス・シャーロック』が人気
宇宙人が地球に来たことがあると信じる人は77%! その真相に迫る注目作とは?
悪女街道を突っ走る菜々緒、20代の集大成に注目!
『万引き家族』だけは別! パルムドールはヒットに繋がらないが是枝作品は例外
ほとんど枯山水の域! 細野晴臣が『万引き家族』に提供したのは音楽でなく“音”

関連キーワード名探偵コナン銀魂Huluウォーキング・デッド七つの大罪東京喰種吉高由里子

「テレビ・ドラマ」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース