洋画人気が完全復活! 支えるのは人気シリーズとスターパワー

2018年6月12日 09:23

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

昨年は洋画が好調。写真:大ヒット作『グレイテスト・ショーマン』主演のヒュー・ジャックマン

昨年は洋画が好調。写真:大ヒット作『グレイテスト・ショーマン』主演のヒュー・ジャックマン[写真拡大]

写真の拡大

 昨年は洋画が好調。年間興行ランキングのトップ10では洋画実写が5本、洋画アニメが3本の計8本を占め、洋画の年間興行収入は前年より8.2%増えた。今年上半期も洋画が好調で完全復活といえそう。支えるのは人気シリーズとスターだ。

 ・『万引き家族』だけは別! パルムドールはヒットに繋がらないが是枝作品は例外

 人気シリーズでは『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の興収70億円超えを筆頭に、『キングスマン ゴールデンサークル』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『ブラック・パンサー』『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』が10億円超えのヒット。『デッドプール2』も前作同様、ヒット発進となった。映画の内容が想像できるシリーズものは、「映画選びに失敗したくない」観客が安心して見ることができ人気だ。特にマーベルのヒーロー映画は勢いがあり、『インフィニティ・ウォー』はマーベル映画最高興収記録を更新し、『ブラック・パンサー』は15億円を記録した。
 
昨年は『美女と野獣』『ラ・ラ・ランド』とミュージカル映画がブームとなったが、その流れに乗って『グレイテスト・ショーマン』がヒットした。「曲を聴けば気分が上がる」ミュージカル映画はスカッとしたい観客に受けている。『美女と野獣』はディズニーの名作アニメの実写化、『ラ・ラ・ランド』はアカデミー賞受賞作。両作に比べると『グレイテスト・ショーマン』は旬の話題性には欠ける。だが、「ありのままの自分でいい」という前向きなメッセージと、ヒュー・ジャックマンというスターパワーで旬の話題性不足をはねのけた。特にジャックマンは『レ・ミゼラブル』の大ヒットもあり、「ミュージカル映画といえばジャックマン」という安心感も観客を引き付ける要因だったと思われる。

 シリーズ作ではなく、有名俳優が出演していないものの健闘したのが『レディ・プレイヤー1』。スティーブン・スピルバーグ監督がバーチャル世界を舞台に作ったアドベンチャー映画だ。ヒットの要因は「スピルバーグのスターパワー」。近年のスピルバーグは、ファンタジー『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』や社会派ドラマ『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』などを監督。アドベンチャー映画を手がけるのは『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』以来、10年ぶりだ。宣伝では「『ジュラック・パーク』『インディ・ジョーンズ』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の次にやってくるのは、究極のアミューズメント・ワールド」と、スピルバーグのヒット作を打ち出した。久々の大ヒットでスピルバーグ・ブランド健在を印象付けた。(文:相良智弘/フリーライター)

 相良智弘(さがら・ともひろ)
日経BP社、カルチュア・コンビニエンス・クラブを経て、1997年の創刊時より「日経エンタテインメント!」の映画担当に。2010年からフリー。

【関連記事】

 『万引き家族』だけは別! パルムドールはヒットに繋がらないが是枝作品は例外
『デッドプール2』日米では異なる配給戦略。今後X-MENシリーズの中核を担う存在に!
2位に240億円差! 15年連続、映画界のダントツ勝ち組は?
ホラー映画新記録を樹立の『IT』。不気味すぎるピエロで3億ドル超の大ヒットに
新名所・日比谷! 贅沢すぎる3つの“プレミア”で大人客を囲い込み

関連キーワードヒュー・ジャックマンラ・ラ・ランド美女と野獣スター・ウォーズアカデミー賞スティーブン・スピルバーググレイテスト・ショーマン万引き家族ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル

「映画」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース