ライフ RSS

 

介護・福祉従事者、男性で高ストレス 総合健康リスクは男女共に高水準

2018年6月11日 11:42

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

情報基盤開発が業種別の高ストレス者の割合・総合健康リスクについて評価を行った。保健衛生、福祉・介護事業の男性の高ストレス者の割合が約15%に達し、総合健康リスクも全国平均を上回った。

情報基盤開発が業種別の高ストレス者の割合・総合健康リスクについて評価を行った。保健衛生、福祉・介護事業の男性の高ストレス者の割合が約15%に達し、総合健康リスクも全国平均を上回った。[写真拡大]

写真の拡大

 介護・福祉業に従事する男性は精神保健面で注意が必要なようだ。情報サービス業の情報基盤開発が、同社の「AltPaperストレスチェック」の尺度を用い、保健衛生、社会保険・社会福祉・介護事業の職種を細分化し、そのストレス状況・ストレス要因を分析した結果を公表した。

【こちらも】介護職の離職率はなぜ高い?常勤と非常勤で理由に違い

 レポートによれば、保健衛生、社会保険・社会福祉・介護事業に従事する男性では高ストレス者の割合が約15%にも上り、総合健康リスクも全国平均を上回る結果となった。一方、女性では高ストレス者の割合は約10%で全国平均と同程度で、総合健康リスクでは全国平均より低い値となり男女間でストレスの程度に差があるようだ。

 職種別では、特に介護ヘルパーなど介護サービス職の従事者では男女共に総合健康リスクの値が全国平均を超えており、高ストレス者の割合では男性の値が15%を超えている一方、女性では全国平均並みになっている。

 他の職種についても同様に男女間で差が見られ、男性では大多数の職種で総合健康リスクが全国平均を大幅に上回り、高ストレス者の割合が15%前後と高い値を示している。一方、女性では高ストレス者の割合も総合健康リスクも共に全国平均を下回っており、唯一事務従事者の高ストレス者の割合のみが全国平均を超えている。

 保健衛生、社会保険・社会福祉・介護事業では職種にかかわらずストレス度が高い傾向にあるが、特に男性では精神保健上の不調につながりやすい傾向がありそうだ。AltPaperのストレス尺度で男女を比較すると、全ての尺度において男性のストレス度が全国平均並びに女性のストレス度より高くなっている。

 総合健康リスク判定の4つの尺度では、男性は「心理的な仕事の負担(量)」「上司からの支援度」で全国平均並みであるが、「仕事の裁量度」「同僚からの支援度」では全国平均より多いストレス度と評価されている。一方、女性では「心理的な仕事の負担(量)」のみで全国平均を超えるストレス度となっており、他の3つの尺度では全国平均並みもしくは全国平均より弱いストレス度となっている。

 男女共に「職場環境によるストレス」「自覚的な仕事の適性度」「働きがい」「仕事や生活の満足度」のストレス度は全国平均より弱くなっており、福祉業の従事者はやりがいを感じながら意欲的に仕事に取り組んでいることが推測できる。それだけに職場における精神保健面でのマネジメントが重要であると言えよう。(編集担当:久保田雄城)

■関連記事
職場でパワハラを受けた経験あり、50.2% ~連合調査
生活保護、被保護人員1.2%減少。高齢単身者では増加
75歳以上の窓口負担「原則2割に」と経団連
2017年の日本の人口。日本人減少、外国人大幅増加
働き方改革関連法案、今国会成立へ意欲 菅長官

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

「健康」の写真ニュース

ライフの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース