ポルシェ、「911スピードスター」コンセプト発表 500ps超のオープントップ

2018年6月11日 11:48

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

「ポルシェ・スポーツカー70周年」を記念してワールドプレミアとなる「911スピードスターコンセプト

「ポルシェ・スポーツカー70周年」を記念してワールドプレミアとなる「911スピードスターコンセプト[写真拡大]

写真の拡大

 独ポルシェ社が、ツッフェンハウゼンで開催される「ポルシェ・スポーツカー70周年」公式祝賀会の一環として、「911スピードスター」コンセプトのワールドプレミアを行なう。

 911スピードスターコンセプトは、非常にエキサイティングなオープントップスポーツカーの公道仕様スタディモデル。その純粋なコンセプトと歴史的な継続性によって、ポルシェの本質を明確に反映し、1948年6月8日に登録された初代ポルシェ356ロードスターを継承するモデルだ。

 この新しいスピードスターは、現行型のGTモデルに基づいており、911 GT2 RSやGT3 RSが生まれたヴァイザッハのポルシェ・モータースポーツセンターで開発された。

 911スピードスターコンセプトの特徴は、大きく傾斜したフロントウインドウと短いウインドウフレーム、またこれに合わせて短縮されたサイドウインドウなどだ。まさの、ポルシェ356スピードスターなどの過去のモデルを彷彿させるスタイリングだ。フロントシートの「ダブルバブル」カーボンファイバー製リアカバーが、ロールオーバープロテクションとなり、透明なプレキシガラス製ディフレクターには“70 years of Porsche”ロゴが刻印される。

 さらに、911スピードスターコンセプトは、歴史的オリジナルモデルのように、コンバーチブルトップの代わりに軽量トノカバーを備えます。駐車時に車内を雨から守るこのカバーは、8個のTenaxファスナーで取り付けられます。フルバケットシートはカーボン製で、コニャック356のライトブラウンのアニリンレザー、先代ゆずりのクラシックな仕様となっている。

 コンセプトもでるのワイドなボディは、911 カレラ4カブリオレから採用されており、フェンダー、フロントフード、およびリアカバーは軽量の炭素繊維複合素材。GTシルバーとホワイトの伝統的なボディカラーは、フロントフード中央に配置された50年代スタイルのセンター燃料タンクキャップ、クラシックなタルボ形状のドアミラー、ヘッドライトのユニークなデザインなど、かつてのポルシェ・レーシングカーを彷彿させる。十字型のような効果を生み出すヘッドライトカバーの表面処理はポルシェ・モータースポーツの黎明期に普及した、飛び石による破損を防ぐためヘッドライトにテーピングを施すという慣例へのオマージュだ。

【こちらも】ポルシェ、モータースポーツにフォーカスの「911GT3 RS」 ジュネーブで発表

 911スピードスターコンセプトのシャシーは、911 GT3由来だ。21インチホイールは、ハイグロスポリッシュのクローバーリーフが細かなコントラストを生み出す。このタイプのホイールとしては、初めてセンターロック方式を採用している。

 チタン製テールパイプを備えたエグゾーストシステムと6速マニュアルトランスミッションを含むパワートレーンも、最新のGTモデルから受け継いでいる。このコンセプトカーに搭載される水平対向6気筒エンジンは、最高出力500psを発生し、最高回転数は9000rpmに達する。

 このコンセプトカーの市販化するか否かの判断は、今後数カ月以内に決定されるとしている。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
ポルシェ、EVのスーパースポーツ「ミッションE」を2020年、日本発売
モータースポーツに特化したポルシェ「911GT3 RS」 価格決定
世界最大自動車市場、中国を睨んだ電動車開発競争をめぐる、VW篇
ポルシェ、モータースポーツにフォーカスした「911GT3 RS」、ジュネーブで発表
ポルシェ・ジャパン、2018シーズンのモータースポーツスケジュール発表

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードコンセプトカーポルシェ

「自動車・バイク新製品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース