イントランス<3237>のフィスコ二期業績予想

2018年6月9日 22:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*22:15JST イントランス<3237>のフィスコ二期業績予想
※この業績予想は2018年5月21日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

イントランス<3237>

3ヶ月後
予想株価
210円

中古ビル再生が主力。賃貸管理や不動産コンサルも手掛ける。子会社でハーブガーデンの運営も。小・中規模の開発用不動産の仕入強化。3物件の売却実施。18.3期はプリンシパルインベストメント事業の苦戦等が響く。

ソリューション事業は管理棟数の減少等が響く。19.3期は最終黒字転換見通し。販売用不動産の売却等でプリンシパルインベストメント事業は持ち直す公算。損益改善計画は評価材料。株価は調整一巡感を強める展開へ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/2,700/280/220/80/2.16/0.00
20.3期連/F予/2,850/330/270/110/2.97/0.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/05/21
執筆者:YK《FA》

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース