ホンダ、中国での四輪車累計販売1000万台達成 1999年にスタート

2018年6月5日 20:25

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

ホンダが中国で事業を開始した1998年、翌年から現地で販売した6代目アコード。写真は日本仕様車

ホンダが中国で事業を開始した1998年、翌年から現地で販売した6代目アコード。写真は日本仕様車[写真拡大]

写真の拡大

 ホンダの中国現地法人である本田技研工業(中国)投資有限公司は、2018年6月4日、「中国における四輪車の累計販売台数が、2018年5月末時点で1000万台を超えた」と発表した。

【こちらも】ホンダ、中国専用EVのコンセプトカー「理念 EV CONCEPT」発表

 ホンダは、1998年7月に、中国で最初の合弁企業となる広州本田汽車有限公司(2009年に広汽本田汽車有限公司に社名変更)を設立し、翌1999年から中国で同社の旗艦車種であるACCORD(アコード)の販売をスタート。中国における事業を本格的に開始した。その後、2003年7月には、東風本田汽車有限公司(東風本田)を設立しました。

 ACCORD(アコード)、FIT(フィット)、CR-V、CIVIC(シビック)などのグローバルモデルや、CRIDER(クライダー)やGREIZ(グレイズ)などの中国専用モデル、さらにはACURAブランドによる、豊富なモデルラインアップで、中国の顧客にホンダ製のクルマを提供してきた。

 ホンダの中国での四輪車販売は2015年に初めて年間100万台を突破。その後も順調に販売実績を伸ばし、2016年には126万台、2017年には145万台超の販売を記録した。

 そして今回、中国での四輪車累計販売台数が1000万台を達成した。内訳は、広汽本田約610万台、東風本田390万台となる。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
ホンダ、軽2座オープンスポーツにコンプリートモデル「S660 Modulo X」追加
国際的な「ZEV規制」、対応が遅れると日本車は市場からスピンアウトする?
2018年4月、国内自動車販売、トップはトヨタ、日産は5位
ホンダ、中国専用電気自動車のコンセプトカー「理念 EV CONCEPT」発表
ホンダ・ステップバンの再来? 今夏に登場。コマーシャルバン「N-VAN」

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード本田技研工業合弁中国シビックコンセプトカーフィット(小型車)CR-Vアコード

「自動車・二輪車・部品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース