指紋認証での課金登録に注意 誤課金さそうアプリも

2018年6月4日 23:51

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 指紋認証機能搭載のiPhoneでは、アプリの購入やアプリ内コンテンツの購入時のユーザー認証としてパスワードだけでなく指紋認証も利用できるようになっている。これを悪用し、突然指紋認証画面を表示させることで誤課金を誘うようなアプリが登場しているという(ITmediaiPhone Mania)。

 iPhoneの指紋センサはホーム画面を表示する操作を行うために多用するホームボタンと統合されている。そのため、指紋認証画面を閉じようとしてホームボタンを押し、その結果指紋認証が行われて課金が成立してしまうというトラブルが発生しているようだ。また、問題のアプリを起動してアプリ内で課金画面を表示させるリンクをWebページなどの広告として表示させることで、Web閲覧中に突然アプリの課金画面を表示させるというテクニックも使われている模様(youkoseki.com)。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | 犯罪 | 携帯電話 | iPhone

 関連ストーリー:
Android端末メーカー、顔認識は開発コストが高いとして指紋認証システムを強化する方針 2018年03月30日
iOS 11のベータ版に指紋認証によるロック解除を一時的に無効化する機能が実装される 2017年08月22日
auスマートフォンに対し過剰請求が行われていたことが発覚 2011年05月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードiPhoneパスワード

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース