アステラス薬、日本通信、TDKなど/本日の注目個別銘柄

2018年6月1日 16:16

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


<4503> アステラス薬 1694 +29.5続伸。発行済み株式数の3.04%に当たる6000万株、1000億円を上限に自社株買いを実施すると発表、高水準の自社株買いはサプライズとみられ、今後の需給改善期待が高まる展開になっている。取得期間は6月1日から9月20日までとしている。また、ロキサデュスタットのフェーズ3試験結果、経口JAK阻害薬ペフィシチニブの日本での製造販売承認申請などもポジティブに捉えられている。

<4666> パーク24 2921 -17もみ合い。前日に第2四半期の決算発表。営業益は93.01億円で前年同期比8.7%増、国内外の駐車場事業がともに順調だったほか、レンタカーなど展開するモビリティ事業も利益増に貢献した。ただ、市場想定内であるほか、先に伝わった観測報道に沿った数値でもあるため、サプライズは乏しい状況。豪雪の影響などがあったといえ、第1四半期の同17.9%増から増益率が鈍化していることを嫌気する向きもあるようだ。

<6632> JVCKW 321 -40大幅続落。野村證券を割当先とする第三者割当で新株予約権を発行することを発表している。潜在的な株式価値の希薄化をネガティブ視する動きが先行している。希薄化は最大で17.99%となるもよう。当初行使価格は361円で、下限行使価格は289円となる。手取り概算額は90億円超、調達資金はパブリックサービス分野における業務用無線システムおよびヘルスケア事業への投資などに充当するもよう。

<9424> 日本通信 169 +50急騰。FinTechプラットフォームに関し、群馬銀や千葉銀など6社共同で実証実験を行うと発表している。また、この実験は金融庁の「FinTech実証実験ハブ」の支援案件としても決定されているようだ。同社は「サブSIM」というICカードを用いることで、高度なセキュリティ機能を活かしたプラットフォームを開発、実証実験で活用されるようだ。株価水準の値頃感妙味に、短期資金の関心が高まる状況に。

<4182> 菱瓦斯化 2803 +22続伸。野村證券では投資判断を「ニュートラル」から「バイ」に、目標株価も3250円から3560円に引き上げている。芳香族の構造改革や合成樹脂の高付加価値化による収益体質の改善、メタノールや界面法ポリカーボネートの需給懸念の少なさから業績予想を上方修正、今期経常益は902億円で会社計画の750億円を大幅に上回ると予想。なお、野村證券では三井化学や三菱ケミカルは格下げしており、選別物色も強まる。

<4369> トリケミカル 4910 +360大幅続伸。前日に発表した第1四半期決算が買い材料となっている。営業利益は5.3億円となり、上半期計画9億円に対する進捗率は60%となった。前年同期の単独比では49%増と大幅増益に。データセンター向けなどに対する旺盛な半導体需要を背景に、主力の半導体製造用高純度化学品などが好調に推移している。業績予想は据え置きだが、早々と通期業績の上振れ期待なども織り込む展開のようだ。

<9603> H.I.S. 3655 -105大幅続落。前日に第2四半期の決算を発表、累計営業利益は76.2億円で前年同期比22%増益となったが、経常利益は78億円で同26%減益になっている。営業外での為替差損の発生などが経常減益の要因に。4月27日に下方修正した数値よりは上振れで着地したものの、あく抜け感などが強まる状況にはならず。なお、前日にはPDエアロスペースへの追加出資なども発表している。

<6624> 田淵電 237 -20大幅続落。前日に18年3月期の決算を発表、営業損益は43.6億円の赤字となり、従来予想39億円の赤字をやや下回った。今期は6億円の赤字計画となっており、赤字決算の継続見通しを嫌気する動きになっている。太陽光発電市場の大幅な縮小の影響が引き続き響くもようだ。なお、2月に発表した中期計画では黒字転換が見込まれていた。

<4927> ポーラオルHD 5100 -290大幅反落。ジェフリーズ証券では投資判断を「バイ」から「ホールド」に格下げしており、利食い売りの材料とされている。国内リンクルショットには一巡感があり、18年12月期以降の業績成長率は緩やかになると予想している。3年間の営業利益の平均成長率は9.2%と予想しており、業界平均10.6%とほぼ同水準。一方、予想PERは38.7倍で平均34倍を上回っていると指摘。

<6762> TDK 9940 +160変わらず挟み4日ぶり反発。モルガン・スタンレーMUFG証券では投資判断を「イコールウェイト」から「オーバーウェイト」に、目標株価も10000円から13000円に引き上げている。自動車の電子化によりコンデンサやインダクタなど受動部品の業績拡大が予想されること、二次電池の利益のさらなる拡大が予想されることなどから業績予想を上方修正しているもよう。センサの損失計上に関しては織り込み済みとみている。《FA》

「注目銘柄」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース