曙ブレーキが12日ぶりに反発基調、次世代技術の「流体ブレーキ」など注目される

2018年5月31日 14:46

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■「MR流体ブレーキ」:摩耗粉や音・振動を出さず制御性などでも広く可能性

 曙ブレーキ工業<7238>(東1)は31日、216円(3円高)まで上げた後も底堅く推移し、12日ぶりに反発する展開になっている。この日は、特段、証券会社による投資判断などは出ていない模様で、市場関係者の間では、世界に先駆けて開発中の流体ブレーキ「MR流体ブレーキ」などが注目し直されている様子だ。

 「MR流体ブレーキ」は、摩耗粉や音・振動を出さないため、環境適合に優れ、EV(電気自動車)やFCV(燃料電池車)、自動運転カーなどに対応した応答性・制御性の良さを特徴とする新しい構造の電動ブレーキ。自動車業界にとどまらず、産業機器を中心に広く可能性を秘めているとされる。現在、小型モビリティカーを中心に実証試験を行っており、2020年頃には製品として実用化したい計画としている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)
【材料でみる株価】イオレは団体活動を支援するデータカンパニー(2018/02/19)
【業績でみる株価】夢真ホールディングスは17年9月期1Q大幅増収増益、通期予想に上振れ余地(2018/02/13)
【株式評論家の視点】スペースシャワーネットワークは第3四半期業績が年計画を上回り好調、下値圏に届き下げ渋る(2018/02/07)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告