小田急、ロマンスカー・LSEが定期運行を終了へ 7月10日がラストラン

2018年5月31日 06:31

小

中

大

印刷

特急ロマンスカー・LSE(7000形)(画像: 小田急電鉄の発表資料より)

特急ロマンスカー・LSE(7000形)(画像: 小田急電鉄の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 特急ロマンスカー・LSE(7000形)

 小田急電鉄は、2018年7月10日(火)に、特急ロマンスカー・LSE(7000形)の定期運行を終了する。

【こちらも】小田急、鉄道会社初の沿線特化の求人サイト開設 グループの求人サイトも

 これは、特急ロマンスカー・GSE(70000形)第2編成の運行開始に伴うもの。ロマンスカー・LSEは7月10日に通常ダイヤでの運行を終了、それ以降は臨時列車として運行した後、本年度中の引退を予定している。

 ロマンスカー・LSEは、1980年に就役し、約38年にわたって運行してきた。その展望席のある特急車両はネーミング“ロマンスカー”とあいまって、都心から箱根へと、ラグジュアリーな旅を想起させる車両として人気を博したものだ。

 NSE(3100形)の流線型を発展させたその車両は、流れるような直線と曲面のスタイリングが特長。前面ガラスの傾斜を強め、前照灯、ダンパー等を外板に埋め込んで運転室ルーフからのラインを直線に近づけた。

 また、当時としては最先端の車両技術が盛り込まれていた。同社初となるワンハンドルマスターコントローラ、電気指令式空気ブレーキやモニター装置を採用。もっとも印象深いのは客室の一斉自動回転するリクライニングシートの採用だろう。

 1981年には鉄道友の会選定の第24回「ブルーリボン賞」を受賞。鉄道友の会が1958年6月20日に制定した日本の鉄道車両に対するこの賞は、奇しくもロマンスカー3000形に冠する賞がほしいという鉄道ファンからの声から上がった栄誉あるもの。画期的な技術、スタイリングなど、総合的に優れていることが認められてのことだ。

 それから38年、同社は長年の同車両利用者に感謝の気持ちを込め、6月23日から同車両の車体に“ラストラン記念ロゴマーク”を掲出。

 また、6月16日からは、「LSEありがとうキャンペーン」を実施する。このキャンペーンは、展望座席のあるロマンスカー3車種(LSE、VSE、GSE)の特急券を4枚集めて応募すると、抽選で100組200名を「LSEで行く小さな旅」に招待するというもの。

 加えて、定期運行終了日となる7月10日には、ラストランへの出発セレモニーイベントを予定しているほか、今後も、引退セレモニーに関する企画が随時開催される予定だ。(M_imai)

関連キーワード小田急電鉄

「運輸・物流・鉄道」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース