建設技術研究所と建設技研インターナショナルはTECグループとの業務提携契約の締結を発表

2018年5月30日 11:00

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

建設技術研究所<9621>(東1)と建設技研インターナショナルは本日(30日)、TECグループ(東京設計事務所、TECインターナショナル)との業務提携契約の締結を発表した。

建設技術研究所<9621>(東1)と建設技研インターナショナルは本日(30日)、TECグループ(東京設計事務所、TECインターナショナル)との業務提携契約の締結を発表した。[写真拡大]

写真の拡大

■それぞれに強みを持つ分野を活かして技術協力および技術交流を図り、国内外の市場で事業発展を目指す

 建設技術研究所<9621>(東1)と建設技研インターナショナルは本日(30日)、TECグループ(東京設計事務所、TECインターナショナル)との業務提携契約の締結を発表した。

 17年5月8日付で業務提携に向けた協議を開始する覚書を締結後、河川分野や上下水道分野の水インフラ事業領域における業務提携について協議してきたが、今回、業務提携契約の締結となった。

 業務提携の内容は、1)河川と上下水道の連携が必要な領域における市場開拓および業務の共同実施、2)既存の河川分野および上下水道分野における市場開拓および業務の共同実施、3)1の領域および2の分野における技術力・品質向上のための技術支援および人材育成のための技術交流となっている。

 覚書締結後、業務提携契約に向け協議を重ね、試行的に同社実験施設の見学会開催、東京設計事務所開催の研修への参加、海外業務への共同参画等を実施してきた。今後はさらに、建設技術研究所グループならびにTECグループがそれぞれに強みを持つ分野を活かして技術協力および技術交流を図り、国内および海外の市場で双方の事業発展を目指す。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【業績でみる株価】FCMは18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性(2018/02/20)
【株式評論家の視点】日本システム技術は第3四半期営業黒字転換、昨年9月の下値圏に届き値ごろ感(2018/02/08)
カチタスはニトリの家具・インテリア付き中古住宅の販売に期待感、2600円どころが下値圏(2018/02/13)
【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース