Acer、デュアルXeon搭載のゲーミングPC「Predator X」発表

2018年5月29日 10:49

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Acerが2基のXeonプロセッサを搭載するゲーム向けデスクトップPC「Predator X」を発表した(PC WatchTechradar)。

 Acerのゲーマー向けPC「Pedator」シリーズでは、昨年18コア/36スレッドのCore i9-7980XE Xtreme Editionと複数のグラフィックカードを搭載するデスクトップPC「Predator Orion 9000」が発表されていた(4gamer)。今回のPredator XではCPUとして現行Xeonの最上位モデルであるE7-8890 v4(24コア)を2基搭載するようだ。Predator Orion 9000の価格は1999ドルだったが、Predator Xの価格はこれを超えるものになりそうだ。

 なお、Acerは2017年に最小構成で8999ドルからというゲーム向けノートPCも発表していた(Engadget Japanese)。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | ゲーム

 関連ストーリー:
Acer、スマート数珠「Leap Beads」を3月中旬に台湾で発売 2018年03月09日
HPやAcer、ASUSなどがAlexa搭載Windowsマシンを発売へ 2018年01月10日
「ゲーミングPC」市場が日本で急拡大 2017年11月20日
PC出荷台数が減少する一方、ゲーミングPC市場は好調との分析結果 2017年01月28日
Acer CEO曰く、我々はPC業界で最後まで生き残る 2015年04月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAcer

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース