ISSの船外活動をGoProで撮影の宇宙飛行士、SDカード入れ忘れ撮影できず

2018年5月25日 11:26

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、 国際宇宙ステーション(ISS)で16日、NASAのドリュー・フューステル宇宙飛行士とリッキー・アーノルド宇宙飛行士による船外活動が実施された。フューステル宇宙飛行士は作業の合間にGoProを使用した撮影を計画していたのだが、SDカードを入れ忘れてしまったようだ(ScienceAlertRegister動画)。

 船外活動中、フューステル宇宙飛行士はヒューストンのバリー・ウィルモア宇宙飛行士にGoProの質問をする。「ボタンを押すと"No SD"と表示されるのはどういう意味だろう。録画に必要という意味か?録画中は赤いランプが光るはずでは?」とフューステル宇宙飛行士。

 長い間があき、本来の任務を遂行中のアーノルド宇宙飛行士の作業内容に関する通信が優先される。話がGoProに戻ってからの会話は以下のような内容だ。

 バリー:カードが入っていて撮影中なら赤いランプが光ると聞いた

 ドリュー:じゃあ"No SD"と言われたら、どういう意味だ?

 バリー:カードがないという意味だと思う。ちょっと待て、確認する

 —間—

 ドリュー:これはしまっておいたほうがいいかな

 バリー:(すかさず)それがいい!

 撮影は結局できなかったが、船外活動自体は無事に成功した。次回の船外活動は6月14日。今回と同じ2名で実施する予定となっている。

 スラドのコメントを読む | idleセクション | 国際宇宙ステーション | idle

 関連ストーリー:
国際宇宙ステーション内で飛び回るボール型ロボット 2017年08月04日
GoProが同社製カメラを搭載できるドローン「Karma」を発表 2016年09月21日
小型のカメラ用電動スタビライザー市場が開けつつある 2015年11月16日
NASAの観測衛星「ディスカバー」、地球を横切る「月の裏側」の撮影に成功 2015年08月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNASA国際宇宙ステーション(ISS)

「宇宙技術・天体」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース