家庭用ルーター攻撃しAndroid端末に偽アプリをインストール 世界各国で

2018年5月25日 11:29

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 家庭用ルーターを攻撃してDNSサーバーなどの設定を変更し、そのルーター経由でAndroid端末に偽のアプリをインストールさせる攻撃が世界各国で発生しているという(ZDNet Japan)。

 この攻撃は当初は日本や韓国などの東アジア各国を狙っており、今年3月に日本でも話題となった。その後偽アプリの言語が27言語に拡大。さらに、iOS端末やPCのWebブラウザから不正サイトにアクセスさせるような攻撃も確認されているという。PCのWebブラウザにアクセスさせた不正サイトでは仮想通貨採掘スクリプトを実行するようにもなっていたそうだ。

 詳細な攻撃手法は明らかになっていないようだが、ルーターのデフォルトアカウントなどを使って侵入して設定を変更していると推測されている。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | スラッシュバック

 関連ストーリー:
ルーターのDNS設定が改ざんされる被害が相次ぐ、攻撃方法は特定できず 2018年03月29日
一部のモバイルWiFiルーター、USB接続するとPCにグローバルIPアドレスが割り当てられる仕様に 2017年12月30日
ドイツ・テレコムの90万台のルータが狙われたマルウェア感染事件、容疑者が捕まる 2017年03月02日
IoTデバイスを乗っ取ってDDoS攻撃を行うマルウェアのソースコードが公開される 2016年10月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードiOSAndroid仮想通貨

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース