10nmプロセスで製造されるCore i3、限定投入へ

2018年5月24日 16:08

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Intelが10nmプロセスで製造するCoreプロセッサ「Core i3-8121U」の出荷を開始したようだ。このプロセッサはLenovoのノートPC「Ideapad 330」に搭載されているとのことだが、大量生産は行われないという(CNET JapanEngadget Japanese)。

 Core i3-8121Uはローエンド向けCPUとなり、スペックとしては2コア/4スレッド、2.20GHz駆動(最大周波数は3.20GHz)、キャッシュは4MB、TDPは15W

 Intelの10nmプロセスについては以前より開発の遅れが報じられており、 本格生産は2019年と発表されていた

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | Intel

 関連ストーリー:
Intelの10nmプロセスの本格生産は2019年にずれ込む 2018年05月03日
Intelの次のCPUは「Whiskey Lake」 2018年01月01日
Intel、コードネーム「Knights Hill」こと第3世代Xeon Phiを開発中止に 2017年11月28日
Intelの第8世代Coreプロセッサは開発コードが3種類 2017年08月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードLenovoIntel

「PC・ハードウェア・周辺機器」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース