中国の民間企業、衛星ロケット打ち上げに成功 軌道に投入

2018年5月22日 16:50

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

maia曰く、 17日、中国の民間企業OneSpace Technology(零壱空間)のロケットOS-X(全長9m、固体燃料)が中国北西部の基地から打ち上げられ、衛星の軌道投入に成功したようだ(ロイターCNN)。

 OS-Xは100kgの衛星を高度800kmの周回軌道に投入する能力があるという。OneSpaceは北京に本社がある2015年創業のスタートアップで、ロケットの開発はたった1年で独自に行ったというが、真相は微妙なところ。同社は当然ながら小型衛星の打ち上げビジネスを早速展開する予定で、2019年には10件のミッションが入っているという。

 なお中国には、ロケット開発のスタートアップがほかにも少なくとも2社、小型衛星開発会社が20社以上あるらしい。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 宇宙 | 中国

 関連ストーリー:
長征3Bのブースターが集落近くに落下、大爆発の様子がSNSにアップされる 2018年01月17日
中国、1・2段目も再利用可能なロケットを2020年に打ち上げへ 2017年11月11日
中国の宇宙ベンチャー、再使用小型ロケット「New Line 1」を発表 2017年09月22日
中国、新型大型ロケット「長征5号」の初打ち上げに成功 2016年11月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国スタートアップロケット

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース