Hカップ・伊織もえのグラビアが熱い!コスプレイヤーが表紙を埋める時代が来る!?

2018年5月19日 14:47

小

中

大

印刷

表紙でもかなり攻めている伊織もえ(c)集英社

表紙でもかなり攻めている伊織もえ(c)集英社[写真拡大]

写真の拡大

■グラビアシーンにひとつの変化が生まれる

 アイドルブームの時代、各雑誌の表紙はAKBグループをはじめアイドル達が席巻していた。しかし、2017年は、再びグラドルブームが巻き起こりそうな予兆を感じさせた。

【こちらも】ナースとコスプレイヤーを兼業、桃月なしこの人気が急上昇中!

 その一方で巻頭グラビアに躍り出る新しいカテゴリーが生まれつつある。それが「コスプレイヤー」だ。アニメをはじめとしたサブカルチャー文化の浸透によりコスプレも市民権を獲得したことで、より多くの人材がそこから発掘されつつある。

 2017年には現役看護師でありながら美人コスプレイヤーとして知られる桃月なしこが登場している。そして、同じ年に「伊織もえ」という新たなコスプレイヤーも雑誌にてグラビアデビューを果たした。

■SNSで100万人以上フォローされている伊織もえ

 伊織もえは1月24日生まれ。子供のころからゲームに興味があり、そのゲームキャラクターが着用している衣類に興味を持ったことがコスプレのきっかけ。しかし、本格的にコスプレをはじめたのは大人になってからで、コスプレ歴としては2年半である。

 しかし、そのコスプレのクオリティは高く、SNSに写真を掲載した瞬間に人気が沸騰する。特に、有名RPGである「ファイナルファンタジーX」に登場するヒロイン・ユウナは大好評で、その完成度に多くの人が熱狂することになった。

 ゲームへの愛が表現されているようなコスプレだが、彼女自身のスタイルもそれを支えている。スリーサイズは上から92・62・90というわがままボディとなっており、ネット上に掲載されているコスプレ以外の写真にも多くの反響が寄せられた。

■ついに週刊誌がオファーを掛ける!!

 SNSを中心に多くの話題を集めていた伊織もえだが、2017年6月に「週刊プレイボーイ」でグラビアデビューを果たした。ムチムチしたボディはさることながら、非常に幼い顔つきによってギャップを生み出している。このアンバランスな魅力によって、多くの男性の心を撃ち抜いた。

 雑誌での反響は大きく、さらに「週刊プレイボーイ」で行われた「グラ×コス」という企画で伝説のグラドルにコスプレにも挑戦。見事にオマージュを成し遂げた伊織もえの人気は止まることなく、さらに2018年5月17日に発売した「週刊ヤングジャンプ」で表紙を飾ることになった。こちらのグラビアではビキニの紐を外すというきわどいシーンにも挑戦しており、つい視線を奪われてしまう。

 一気に過熱を極めているコスプレイヤーのグラビア挑戦。今後さらに逸材が発掘される可能性は大いにあるだろう。(藤田竜一)

関連キーワード週刊ヤングジャンプファイナルファンタジー週刊プレイボーイ桃月なしこ伊織もえ

「芸能」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース