忽那汐里『デッドプール2』でN.Y.と米国レッドカーペットを初体験!

2018年5月18日 23:07

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

ライアン・レイノルズ主演で映画化され、日本でも興行収入20億円を超える大ヒットとなった『デッドプール』。写真:忽那汐里

ライアン・レイノルズ主演で映画化され、日本でも興行収入20億円を超える大ヒットとなった『デッドプール』。写真:忽那汐里[写真拡大]

写真の拡大

 ライアン・レイノルズ主演で映画化され、日本でも興行収入20億円を超える大ヒットとなった『デッドプール』。その続編である『デッドプール2』のN.Y.プレミアが現地時間5月14日にAMCロウズ・リンカーン・スクエアで開催され、レイノルズをはじめ、ジョシュ・ブローリン、モリーナ・バッカリン、ザジー・ビーツ、ブリアナ・ヒルデブラント、デヴィッド・リーチ監督や、日本人キャストの忽那汐里らが登場した。

 ・『デッドプール2』N.Y.プレミア、その他の写真

 まずは夕方6時に、500人以上の熱狂的なファンが集結し、そのほとんどがデッドプールのコスプレ姿で参戦する中、レッドカーペットがスタート。続いてスタッフ&キャストが到着する度に黄色い歓声が起こり、取材陣のフラッシュがまたたく。

 そうした中、今回がハリウッドメジャー作品デビューとなった忽那汐里が淡いピンクのノースリーブドレスに身を包み登場。初めてのN.Y.、初めてのハリウッドメジャー作品のレッドカーペット参加とあって、興奮が隠し切れないようで「正式なアメリカで行われるレッドカーペットもですが、実はN.Y.に来るのも初めてなんです。(会場の熱気が)すごいですね、楽しんでいます!」と笑顔で語った。

 さらにデッドプールを演じたライアン・レイノルズが妻で女優のブレイク・ライブリーと一緒に姿を現すと、ファンの盛り上がりは最高潮に! ファッションアイコンとしても注目を集めるライブリーは赤と黒を基調とした『デッドプール』カラーのドレス姿で会場を彩った。

 また、主演のみならず製作&脚本もつとめるレイノルズは「映画作りの過程は1人だけで行えるものではなく、関係者全員が力を合わせて成し遂げたもの。関係者全員がデッドプールとともに毎日を過ごしてきて、強い愛着がわいてきた。デッドプールに対するスタッフの深い愛情がきっと映画に反映されていると思う。だからこそ、とても楽しく映画作りに励むことができたよ。かっこいい答えじゃないかもしれないけど、本心なんだ。デッドプールが大好きさ」とハマり役であるデッドプール愛を語った。

 さらに忽那についても「汐里さんは素晴らしいよ、大好きだ! ユキオ役を生き生きと楽しく描いてくれた。今後、彼女のキャラクターがさらに活躍することを楽しみにしている。今よりももっと大きなキャラクターになると思う。楽しみだ!」と絶賛!

 忽那もライアンについて「ものすごく気さくな方です。主演、プロデューサー、脚本もつとめているので、みんなに気を遣ってくれました。アットホームな雰囲気で途中から参加した私もチームの中に入れてくれて嬉しかったです」と話していた。

 『デッドプール2』は6月1日より全国公開となる。

【関連記事】

 ライアン・レイノルズ、主演作『デッドプール2』引っさげての来日決定!
『デッドプール2』がまさかのミュージカル映画に!? 俺ちゃん断言するも…
今度はトイ・ストーリー風!? またまた俺ちゃん節炸裂『デッドプール』続編
『デッドプール』が興収20億円突破! 大ヒットの裏にあった宣伝戦略とは?

関連キーワードアメリカデッドプール2

「映画」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース