東エレク 反落、米アプライドの業績見通し嫌気して半導体関連が軟化

2018年5月18日 15:11

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:11JST 東エレク---反落、米アプライドの業績見通し嫌気して半導体関連が軟化
東エレク<8035>は反落。半導体製造装置世界最大手の米アプライド・マテリアルズが前日に決算を発表。決算を受けて株価が時間外取引で大きく下落していることから、同社をはじめとした国内半導体製造装置関連は総じて安くなっている。アプライドの2-4月期決算は市場予想を上回ったものの、5-7月期見通しが市場コンセンサスよりも慎重だった。5-7月期売上高見通しは43.3億ドル-45.3億ドルであり、45.3億ドル程度の市場予想に未達となっている。《HH》

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース