東京為替:ドル・円はやや値を下げる展開、米長期金利は低下気味

2018年5月18日 14:39

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:39JST 東京為替:ドル・円はやや値を下げる展開、米長期金利は低下気味

 18日午後の東京市場でドル・円は小幅に値を下げ、110円80銭台で推移している。米10年債利回りは3.12%台から3.11%台に低下したことで、ドル買いは後退。ただ、日経平均株価や米株式先物はプラス圏を維持していることで、米長期金利の低下は限定的になるとみられ、ドル買いが再開される可能性は残されている。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円72銭から111円01銭。ユーロ・円は130円60銭から131円00銭、ユーロ・ドルは1.1789ドルから1.1810ドルで推移。《KK》

「外国為替」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース