名古屋城天守の木造復元、エレベーター設置しない方針 代替案を募る

2018年5月17日 17:15

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 現在進められている名古屋市による名古屋城の木造店主復元事業では、木造天守の忠実な再現を目指すためエレベーターを設置しない方針だという。その代わりとして、「エレベーター以外で昇降できるロボット」などの新技術を募るという(中日新聞)。

 まあ強力(ごうりき、近い意味の「人夫」は現在使用禁止用語らしい)が担いで昇降すれば済む話。

 現在、名古屋城の天守閣外部にはエレベータを設置した建築物が接続されており、美観を大きく損ねる状況となっている。電動車椅子などが利用できるエレベータを設置にはある程度のスペースが必要で、天守内部の設置は難しいという判断となったようだ。

 ただ、現時点では代替として使える「新技術」のめどは立っていない。そのため、障害者団体などが反発している(毎日新聞産経新聞

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | 変なモノ | 政府

 関連ストーリー:
奈良県生駒市、市庁舎で喫煙後45分間のエレベータ利用禁止というルールを設定 2018年04月03日
名古屋市主導の名古屋城木造化計画、予算計上へ 2017年03月23日
コロッセオの動物用エレベーターが再生される。動力は人間 2015年06月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード名古屋障害者名古屋城

「テクノロジー・サイエンスの話題」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース