米テスラの労働環境、Amazon.comの倉庫並みか

2018年5月17日 21:09

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 米Tesla Motorsの自動車工場の労働環境はAmazonの倉庫並みに悪いそうだ(Engadget Japanese)。

 Teslaの工場では労働災害がほかの自動車工場よりも31%多く、重傷を負う災害も高かったという。また、発生した労務災害を適切に州に報告しなかったり、事故の発生件数を過小に申告していたとの疑惑も出ている(ブルームバーグEngaget Japaneseの別記事)。

 さらに、下請け・孫請け社員に対して「優秀な労働者だと推薦された者」以外は出社を禁じる命令を突然出したことも報じられている(GIGAZINEギズモード・ジャパン)。また、同社で働く契約社員への残業手当未払いや資材納入代金の未払いなども発生しているという。

 いっぽうでTeslaの「Model 3」は生産に遅れが発生しており、批判を浴びていた。これに対し、Teslaのイーロン・マスクCEOは工場の自動化を進めすぎたと述べている(Aotoblog)。なお、Teslaは先日中国に現地法人を設立しており、中国内での生産も進める方針のようだ(ブルームバーグ)。

 スラドのコメントを読む | ビジネス | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
英国でTeslaのAutopilotを有効にして助手席に移動したドライバーが有罪判決を受ける 2018年05月03日
イーロン・マスクのお面「Elon Mask」が登場 2018年04月08日
Tesla Model Xのオートパイロット使用中に発生した事故で、再現を試みたオーナーが動画を公開 2018年04月03日
Tesla、ノルウェーで物流の壁にぶつかる 2018年03月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国Amazonテスラモーターズ下請けイーロン・マスク残業

「自動車・二輪車・部品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース