スマートキー車、エンジン停止忘れで一酸化炭素中毒も 米で死者20人以上

2018年5月17日 16:03

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

maia 曰く、 キーのボタンでエンジンを始動できるスマートキー(インテリジェントキー)の車で、エンジンの停止忘れによる一酸化炭素中毒の死者が2006年以降、米国で少なくとも28人にのぼっているという(CNN)。

 エンジンが停止していない場合は警告音を出すとか(メーカーによっては装備済み)、長時間のアイドリングは止めちゃうとか、安全装置の仕組みは色々考えられそうだが、スマート化によって便利になったのかハイリスクになったのか……。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | 交通

 関連ストーリー:
BMWを盗んだ泥棒、遠隔からの位置追跡機能とドアロック機能によって捕まる 2016年12月08日
三菱自動車のアウトランダーPHEVでリモートコントロール機能にセキュリティ上の問題 2016年06月09日
RFパルスを発信して自動車を停車させる装置 2013年12月06日
BMWの電子キーシステムがクラックされ盗まれる事件が相次ぐ 2012年09月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ

「テクノロジー・サイエンスの話題」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース