スズキ タカユキの2018年秋冬 大切な何かを求めた新しいフィールド

2018年5月16日 23:29

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 スズキタカユキ(suzuki takayuki)の2018-19年秋冬コレクションは、「フィールド」という言葉をテーマにした。今回のスズキタカユキが目指す「フィールド」は広義的なもので、自分が行動できる“場所”だけでなく、自分では理解しきれていないところにまで手を伸ばしていこうという想いを込めたシーズンである。

■あの日見た夕焼けを投影して

 そのために用いたオレンジ色のカラーは、ある時みた夕焼け空。誰もが見たことのあるこの色は、恐らく知らぬ土地を思い浮かべるにも最適なものだ。スズキの心に残った温かな太陽の輝きは、優しい風合いのジャケットやシャツ、ワンピースまでもを染めていく。オレンジと一口に言っても多様性に満ちていて、くすんだオレンジから鮮やかなオレンジ、そして茶色がかったオレンジ、緑まじりのオレンジ……。どの色も奥行きがあり、素材それぞれを立体的にみせているようだ。

■新たな領域に踏み込むため、表現を変える

 スタンドカラーのジャケットはメンズ・ウィメンズともに、定番化され提案されている。そんなブランドのスタンダードの中、新しい試みとして取り入れられたローゲージの手編みニットや、メンズ用のラップスカートのようなフォルムのコーデュロイパンツは、コーディネートの幅を広げる最たるもの。今までの製作の中では成し得なかったことのひとつとして、新たな領域に踏み込んだ表現だ。

■“スズキタカユキらしさ”も新しい形で

 秋冬に欠かせないアウター類は、いつもより複雑な構造になっている。特に目を引いたメルトンコートは、内側にグログランテープがついていて、その紐は内側で留めることも、外へ出して前合わせの部分についたボタンを留めて着ることも可能。また、ふわりと広がるこのコートは、オーバーサイズで着こなして、ライナーのストライプを見せて着るのもいいだろう。外見はいたってシンプルなのに、こういう気の利いたデザインがもうひとつのスズキタカユキらしさである。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードスズキタカユキ(suzuki takayuki)2018年秋冬コレクション

「ファッション」の写真ニュース

ライフの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース