伝説のカルト映画『星くず兄弟の伝説』、デジタル版制作へクラウドファンディング実施

2018年5月16日 23:03

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

手塚眞監督の商業映画デビュー作『星くず兄弟の伝説』。写真:『星くず兄弟の伝説』 (C) キネマ旬報DD

手塚眞監督の商業映画デビュー作『星くず兄弟の伝説』。写真:『星くず兄弟の伝説』 (C) キネマ旬報DD[写真拡大]

写真の拡大

 手塚眞監督の商業映画デビュー作『星くず兄弟の伝説』。カルトムービーとして今なお人気を博しながらも、残念ながらフィルムでしか残っていないこの映画が、新たにデジタルリマスター版を作るため、朝日新聞社のクラウドファンディングサイト「A-port」にてクラウドファンディングを実施中だ。

 ・『星くず兄弟の伝説』その他の場面写真

 1985年に公開された本作は、近田春夫のアルバムを元に手塚が脚本・監督を担当したロック・ミュージカル映画。「8 1/2」の久保田しんご(現、久保田慎吾)、「東京ブラボー」の高木一裕(現、高木完)、戸川京子、「DER ZIBET」のISSAYらが出演。今年1月20日にリメイクでも続編でもない『星くず兄弟の新たな伝説』が封切られ、それに伴い、前作『星くず兄弟の伝説』もレイトショーなどで上映されたことから、映画ファンの間で話題になっていた。

 ただ、現在はフィルムのプリントが残っているのみで、ほとんどの映画館はデジタル化してしまっているためフィルムでの上映ができない状況に陥っている。10数年前に1度、DVDが販売されたが、それもすでに絶版になっている。

 そこで新たにDVDを作るために行われているのが今回のクラウドファンディング。最小目標金額は100万円で、実施期間は6月29日23時59分まで。詳細は下記URLでご確認を!
https://a-port.asahi.com/projects/hoshikuzudvd/

【関連記事】

 [動画]映画『星くず兄弟の伝説』予告編
『ATOM』手塚眞×デヴィッド・バワーズ監督インタビュー
世界的注目を集める若手有望監督を1000円から行えるクラウドファンディングで支援!
ハリウッドで存在感を増す中国(2)/バブル期の日本を彷彿、中国企業が次々と映画会社に出資

関連キーワードクラウドファンディング

「映画」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース