榮倉奈々と安田顕、2人が撮影中に仲良くなれなかった理由とは?

2018年5月16日 23:13

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。写真:安田顕と榮倉奈々

映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。写真:安田顕と榮倉奈々[写真拡大]

写真の拡大

 映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』の完成披露試写会が5月15日に109シネマズ二子玉川で行なわれ、主演の榮倉奈々をはじめ、安田顕、大谷亮平、野々すみ花、李闘士男監督が登壇した。

 ・『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』完成披露試写会、その他の写真

 本作は、2010年に「Yahoo!知恵袋」に投稿された「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしていますが、どういうことなのでしょうか?」という質問をもとにコミックエッセイ化された作品を、映画『デトロイト・メタル・シティ』の李監督で実写映画化。家に帰ると必ず死んだふりをしている予測不能の妻と、それに振り回される夫のハートフルな日常を描いた作品だ。

 夫婦役を演じた榮倉と安田だったが、安田は「原作を拝見していて、榮倉さんが妻役と聞いて『やったー』と思ったのですが、公開が近づき、こうして宣伝をするようになってやっと距離が近づいた気がします」とやや意外な回答。

 李監督から「2人とも無口だからね」と突っ込まれると、安田は「とにかく撮影中は(榮倉が)死んだふりをするから……」と会話が弾まなかった理由を説明。さらに「15パターンくらい死んだふりをする中、ずっとリアクションをとるので、うんざりのリアリティが出ていると思います」と斜めの角度から作品の見どころを語る。すると榮倉も「申し訳ないなと思いながら死んだふりをしていました」と“会話がなくてもしょうがない”理由を自らフォローしていた。

 また、作品にちなんで「理想の夫婦像」を聞かれた安田は「長生きをした上で、若干僕が先に死にたい。残されるのは絶対嫌ですから」と語ると、榮倉は「いつまでも食卓を囲む夫婦がいいですね」と笑顔を見せた。

 この日はタイトルにちなんで「私、必ず○○します」というテーマでトークが展開されたが、榮倉が「私はないです。必ず○○しますと思っていると、それにとらわれてほかのことがうまくいかない。何かにとらわれることはやめています」とキッパリ語ると、安田は「僕はセリフを外で覚えるのですが、ファミレスとかコーヒーショップで台本を開くと恥ずかしいので、全部台本を携帯に打つようにしているんです」と発言し客席をざわつかせていた。

 『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』は6月8日より全国公開となる。

【関連記事】

 [動画]『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』予告編
[動画]榮倉奈々×安田顕がロミジュリ!?『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』6秒ぶっとび予告×6種類
榮倉奈々が2700gの元気な赤ちゃん出産。夫・賀来賢人に「心から感謝」
安田顕、片思いの彼女にフラれたクリスマスの切ない思い出明かす!

関連キーワード榮倉奈々安田顕

「映画」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース